コラム「ソーシャルメディアのビジネス活用」の執筆を終えました

  • 最終更新日 :
  • 公開日 :
  • 投稿者 : 大月 茂樹

bizYou Webサポート エキスパートコラム「ソーシャルメディアのビジネス活用」にて1年間に渡りコラムを執筆してきました。興味のある方、改めて読み直してみたい方にはぜひご覧いだたき、ソーシャルメディアのビジネス活用について理解を深めてください。

bizyou-web-support-expert-column-fin-01
ソーシャルメディアビジネス活用講座(全12回)第12回:動画を活用しよう!

本日2014年3月17日(月)公開の「動画を活用しよう!」をもって、bizYou Webサポート エキスパートコラム「ソーシャルメディアのビジネス活用」の執筆を終えました。

2013年4月17日(水)公開の第1回をスタートに毎月1本、1年間に渡り以下のようなテーマでコラムを執筆してきました。全て、コラムへのリンクとなっていますので、興味のある方、改めて読み直してみたい方はぜひご覧ください。

bizyou-web-support-expert-column-fin-02
近藤発動機株式会社の近藤社長

最終回となった第12回は、それまでのコラムとは趣向を変えてインタビュー形式としました。岡山市北区にある近藤発動機株式会社の近藤真弘社長に、動画活用についてお伺いしています。

近藤社長とのお付き合いは、かれこれ3年以上になります。当方が講師を務めたセミナーへ参加いただいたのがキッカケです。Webサイト、Facebookページ、動画と全てご自身で勉強され、運用・管理もご自身でされているので、何か当方へ制作をご依頼をいただいたり…といったことはないのですが、Webサイトの運用・管理やSEOに関してなど、さまざま情報交換をさせていただいてます。近藤社長のように内製で成果をあげておられる経営者の方から伺えるお話は大変参考になるもので、考えさせられたり、ビジネスのヒントになったりで、当方が勉強させていただいている感じです。

今回は動画活用についてお伺いしましたが、

やはり、楽しみながらやるという視点が大切ということですかね。動画活用にしても、いわゆるネット活用にしても。単に、義務感に駆られてやるだけだと息切れしてしまって続きませんから。Webサイトにしても、ブログにしても同じですよね。スイッチが入ると続けられます。

動画を1つや2つアップしたくらいでは、まず効果はないんですよ。うちは動画チャンネルの開設だけで言えば2009年には開設してるし、動画も200本以上アップしている。Facebookページもたくさん作ってて、動画をYouTubeへアップしたらFacebookページでシェアする。継続が大事。多くの方はそこで失敗されているはず。まずは、自分自身が楽しみながらやる。そして、継続する。これに尽きると思います。

という近藤社長のお話にとても共感しました。

bizyou-web-support-expert-column-fin-03
奥の棚には、書籍『現場のプロがやさしく書いた Webサイト運営・プロデュースの教科書』が見えます。近藤社長は本当に勉強熱心な方です

エキスパートコラムをご覧いただいていた方、また、当サイトのコンテンツをご覧いただいている方であればご理解いただいているハズの基本的なことですが、Webサイトにしても、ブログにしても、SEOにしても、ソーシャルメディアにしても、動画活用にしても、一朝一夕で効果や成果が得られるものではありません。中・長期的視点を持ち、事業と同じく継続することが大切ですが、実際のところ多くの経営者の方、事業主の方にとって、そこが一番難しいところ。確実に効果・成果が出るとわかっていることであれば話は別ですが(楽ですが)、基本そうではありませんから、何か他に継続するための理由や動機が必要なんですね。しかも、ストレスにならない。それを考えてみて、もっともな理由や動機がサッと思いつけば良いですが。

そうしたもっともらしい理由や動機は、後付けでも良いのではないでしょうか。まずは楽しみながらやること。そして、とりあえずスタートを切ること。これに尽きますね。効果や成果がでれば、それが継続するエネルギーになったりします。近藤社長のお話を伺って、再確認できました。

みなさんはいかがでしょうか?
楽しみながらWeb活用ができてますか?

さて、エキスパートコラムの執筆は今回で一つ区切りとなりましたが、当方では今後も、一般中小企業や個人事業主の方のWeb活用支援を目的としたWebサイト制作・運用の内製化を促進するための有益な情報を「Web活用チュートリアル」などを通じて提供していきますので、引き続きお付き合いくださればと思います。

講演・出演・執筆のご依頼は「ご相談・お問い合わせ」フォームよりお寄せください。これまでの実績は、講演・出演実績よりご覧いただけます。

ご相談・お問い合わせ

この記事の著者