レンタルサーバーブランド CPIのShared Plan ACE01の1年間無償利用券(47,880円相当)が当たるプレゼントキャンペーン

  • 最終更新日 :
  • 公開日 :
  • 投稿者 : 大月 茂樹

『マルチデバイス時代のWebデザインガイドブック』をご購入いただいた方の中から抽選で10名様に、レンタルサーバーブランド CPIのShared Plan ACE01の1年間無償利用券(47,880円相当)が当たるプレゼントキャンペーンを実施しています。

nabebon

著書『マルチデバイス時代のWebデザインガイドブック』が発売に」でもご案内したように、『マルチデバイス時代のWebデザインガイドブック』をご購入いただいた方の中から抽選で10名様に、レンタルサーバーブランド CPIのShared Plan ACE01の1年間無償利用券(47,880円相当)が当たるプレゼントキャンペーンを実施しています。

キャンペーン内容詳細・応募はこちらから

cpi
CPIさんはKDDIグループのホスティング専門ブランドです

本キャンペーンは、レンタルサーバーブランド CPIを展開されているKDDIウェブコミュニケーションズさんのご厚意によるものです。“Shared Plan ACE01” は共用型レンタルサーバーで、

  • ディスク容量無制限
  • データベース数無制限
  • ドメイン数無制限

ですから、1台のサーバーで複数のWebサイトの運営が可能です。また、WordPressやEC-CUBEなどを簡単にインストールできる機能、Webサイトのデータの自動バックアップ機能やテスト用サーバー環境を搭載した “SmartRelease(スマートリリース)” が標準機能として提供されています。

smartrelease-1
SmartRelease(スマートリリース)で毎日自動的に作成されているバックアップデータを一覧表示した様子。Webサイトのデータは30世代、データベースのデータは10世代まで管理されます
smartrelease
SmartReleaseでテストサーバーから公開サーバーへWebサイトのフォルダ・ファイルを転送する様子。大量のファイルをFTPで手元のパソコンからサーバーへアップロードするときのように接続が断絶することがありません。また、テストサーバーと公開サーバーの環境は同一なので、サイト公開のためにファイルをアップロードしたら公開サーバーで動かない…といったことがありません

たくさんのWebサイト(ドメイン)を運用・管理されている方には、かなり重宝するレンタルサーバーです。できるだけ固定費(レンタルサーバー費用)を抑えたいということで安価なレンタルサーバーを利用されていても、数が多いのであればACE01でまとめてしまった方がお得で管理も楽でしょう。また、本サイトの主な読者である一般中小企業のWeb担当者の方や個人事業主の方にとっては、テスト用のサーバーが使えるのはとても魅力的なのではないでしょうか。

このレンタルサーバーブランド CPIのShared Plan ACE01の1年間無償利用券(47,880円相当)を『マルチデバイス時代のWebデザインガイドブック』をご購入いただいた方の中から抽選で10名様にプレゼントしています。

応募方法については、CPIさんのスタッフブログ内『「マルチデバイス時代のWebデザインガイドブック」書籍購入でレンタルサーバーが当たる!!』にてご確認ください。

なお、キャンペーン期間は2013年11月25日(月)〜2014年3月31日(月)まで。一度抽選に漏れてしまっても、以降も抽選の対象となるということですので、応募が早ければ早いほど当選確率が上がります。奮ってご応募ください。

この記事の著者