岡山県産業振興財団主催「本気企業向け! Webサイト改善講座」第2回が開催されました

  • 最終更新日 :
  • 公開日 :
  • 投稿者 : 大月 茂樹

2014年12月11日(木)、公益財団法人岡山県産業振興財団さんにて「本気企業向け!Webサイト改善講座」の第2回が開催されました。講師は株式会社ポップインサイトの代表 池田さん。参加企業さんには、ワークショップを通じてユーザー視点・ユーザーテストの重要性を体感されました。

IMG_3179
セミナーでの1コマ。池田さんのお話はテンポが良く、例えもわかりやすく、スッと頭に入ってきます

2014年12月11日(木)、公益財団法人岡山県産業振興財団さんにて「本気企業向け!Webサイト改善講座」の第2回が開催されました。今回のテーマは「ユーザーテストで改善方法を見つける」。講師は株式会社ポップインサイトの代表 池田さん、わざわざ東京よりお越しいただきました。

第1回は当方が「アクセス解析」をテーマにお話しましたが、アクセス解析には限界があります。それは、

  • 行動データしか得られない
  • 現状データしかわからない
  • 自社データしか得られない

というものです。Webマーケティングの成功には消費者の「心理データ」の理解も必要不可欠ですが、Google Analyticsのようにいくら高機能なアクセス解析ツールを用いても、サイト訪問者の心理データはわからないのです。見て欲しいページが見られていない、ここから問い合わせページへと進んで欲しいページの離脱率が高いなど、それはアクセス解析を行えばデータでわかりますが、そこまでです。

そこで、アクセス解析を補完するツールとして、

  • ヒートマップ
  • ABテスト
  • DMP(Data Management Platform)
  • アンケート

などがあり、そしてもう1つ、今回池田さんに講義をいただいたテーマでもある「ユーザー行動観察 = ユーザーテスト」があるのです。

_MG_6320
参加企業さんによる分析・改善方針の発表の様子

今回は、「ユーザーテストとは?」といった基本的な内容を押さえた上で、ユーザーテストの中でも最も簡単にできる「簡易ユーザーテスト」の手法をワークショップを通じて学び、分析・改善方針の立案、その発表までが行われました。参加企業さんは、ユーザー視点・ユーザーテストの重要性を十二分に体感されたのではないでしょうか。

_MG_6325
ワークショップ、各チームによる発表を終えた後には池田さんによる総評が

「ユーザーテスト」について詳しいことを知りたい方は、池田さんが代表を務めてらっしゃる株式会社ポップインサイトのWebサイトをぜひご覧ください。有益な情報が多数公開されています。

次回第3回の開催は2015年2月13日(金)、コマーシャルフォト サン・スタジオの鍋坂さんにお越しいただき、商品・サービスの魅力が伝わる写真の撮り方について学んでいただく予定です。

この記事の著者