iPhoneで縦向きに撮影してしまった動画を回転させ、横向きに直す方法

  • 最終更新日 :
  • 公開日 :
  • 投稿者 : 大月 茂樹

iPhoneは横に構えて撮影したのに縦に構えたときのソレで撮影されてしまっていた…という経験はないでしょうか?iPhoneアプリのiMovieを使えば簡単に動画の向きを縦から横へ修正できます。わざわざパソコンを使うような手間もかからないので、ぜひ試してみてください。

読み込んだ動画をローテーション・ジェスチャーで回転させて保存

imovie-08
選択された動画がiMovieプロジェクトへ読み込まれた様子

前ページまでの手順で、縦向きから横向きへと修正したい動画がiMovieプロジェクトへ読み込まれ、編集できる状態になりました。それでは、動画の向きを修正しましょう。撮影した動画の向きの修正はとても簡単です。

imovie-09
iMovieプロジェクトのプレビューエリア上でローテーション・ジェスチャーすると、動画が回転します

画面の上半分はiMovieプロジェクトのプレビューエリアになっていますが、ここへ指2本で触れ、つまみを回すような感じで、指2本の距離を変えずに円を描きます。このジェスチャーを「ローテーション・ジェスチャー」と呼びます。修正したい方向に合わせて時計周り・反時計回りに回してください。

imovie-10
動画の向きが縦から横へと修正できた様子。[再生]ボタンをタップすると、動画をプレビューできます

わずかこれだけの操作で動画の向きを縦から横へと修正できます。あとは修正したこの動画を保存するだけです。画面左上にある[ < ]ボタン([もどる]ボタン)をタップして、このiMovieプロジェクトのトップ画面へもどります。

imovie-11
[共有]ボタンをタップします

画面下方の真ん中にある[共有]ボタンをタップします。

imovie-12
[ビデオを保存]を選択します

表示される共有メニューの中から、[ビデオを保存]を選択します。

imovie-13
画質の選択メニューの様子

画質は用途に合わせて選択してください。

imovie-14
動画の書き出し(保存)の様子
imovie-15
動画の書き出しが終わるとメッセージが表示されます。[OK]ボタンをタップします

動画が保存されたらホーム画面へもどり、写真アプリを起動し[アルバム] ⇒ [ビデオ]とたどり、保存した動画を表示させてみましょう。

imovie-16
向きを修正した動画を表示した様子

向きを修正した動画を確認できます。

以上が、iPhoneで縦向きに撮影してしまった動画を回転させ、横向きに直す方法です。わざわざパソコンへ動画を読み込ませて向きを修正する手間もなく、とても手軽にできますので、もし縦向きに撮影してしまった場合にはぜひ試してみてください。

この記事の続きを読む

この記事の著者