Googleが「Google+ 投稿広告」を開始

  • 最終更新日 :
  • 公開日 :
  • 投稿者 : 大月 茂樹

Googleがインパクトの大きそうなサービスを開始しました。「Google+ 投稿広告」はGoogle+のタイムライン上に掲載されるのではなく、Googleが持つ巨大なディスプレイネットワーク上に掲載されるのです。

Googleがインパクトの大きそうなサービスを開始しました。「Google+ 投稿広告」は、あなたがGoogle+ページへ投稿したコンテンツを広告として、Googleディスプレイネットワーク上に掲載できるというものです。

FacebookでもTwitterでも投稿を広告化できますが(Twitter広告は、日本国内では特定の広告代理店を通じなければ利用できません)、それらの広告はFacebookのニュースフィード上、Twitterのタイムライン上に掲載される(しか掲載されない)広告です。

一方、Google+ 投稿広告はGoogle+のタイムライン上に掲載されるのではなく、Googleが持つ巨大なディスプレイネットワーク上に掲載されるのです。つまり、世界中のさまざまなWebサイトへ広告を配信できるようになるわけです。これは、Googleにしかできないことです。

なお、Google+ 投稿広告を利用するための最小要件は以下となっています。

  • Google+ページに1,000以上のフォロワーがいる
  • 投稿にユーザーに関係のある内容が含まれている
  • Google+ページの共有おすすめ情報が有効になっている

Google+ 投稿広告の作成

「1,000人以上のフォロワーがいる」というのは、現状では結構厳しいのではないかと思います。ただ、Facebook広告もそうであったように、いずれ緩和されるのではないでしょうか。

FacebookやTwitterと比較すると日本国内でのユーザー数はまだまだのGoogle+ですが、「SPYW(Search Plus Your World)」とともに大鉈を振るってきた感がありますね。今後の動向に注目です。

この記事の著者