Webサイトの制作を制作会社へ依頼しないという選択 – 「成功体験」を自分で作る

  • 最終更新日 :
  • 公開日 :
  • 投稿者 : 大月 茂樹

中小企業・個人事業におけるWeb活用は、中・長期的な視点から継続的に取り組む姿勢が特に重要であり、そのためのモチベーションを作るには成功体験が欠かせません。それを得るには、Webサイトの制作、集客やコンバージョンのための施策の立案や実践をWeb制作会社へ依頼するのではなく、実は自分でやるのが最も有効です。

投資のために必要なのは「成功体験」

一言で「Webをビジネス活用する」と言っても、WebサイトやWebサービス、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)、アプリなど活用の切り口はさまざまです。これらのうち、みなさんが最初に着手されるのはやはりWebサイトであり、その作成でしょう。

あなたやあなたの会社がWebサイトの作成を検討したとき、2つの選択肢があります。1つは、Web制作会社へ依頼して作成する。もう1つは、自分で作るという選択肢です。

1. Web制作会社へ依頼
新聞折込広告の出稿などを通じて既に取引のある広告代理店を介して依頼したり、検索を通じて見つけるなどして直接依頼して作成する
2. 自分で作る
ホームページビルダーやブラウザー上での操作で全てが完結するWebサイト作成サービスを利用して、自分(自社)で作成する

当然のことですが、一般中小企業や個人事業主の方にはWebのビジネス活用にかけられる潤沢な予算があるわけではありません。その予算の中でWebサイトの制作を検討するのですから、かけられる予算はさらに限られます。そして、最初の一歩を踏み出せないのは「Webを活用すれば収益につながりそうだ」とピンと来ないからでしょう。逆に、Webのビジネス活用によって「成功体験」をひとつでも得られれば、あなたは躊躇なく投資するはずです。

そこで、あなたやあなたの会社にすすめたいのは、自分で、自社でWebサイトを作ることです。なぜ、Web制作会社へ依頼するのではなく自分で作ることをすすめるのか。その理由とは?

Web制作会社へ依頼しない理由

Web制作会社の多くは「Webサイトを作る(だけの)会社」です。Webサイトを作ることに徹します。Webサイトを作るために必要な技術や知識は豊富に持っています。見栄えの良いデザインにすることにも長けています。しかし、潜在客や見込客にWebサイトへアクセスしてもらうための施策の立案やその実践には長けていません。また、潜在客や見込客にWebサイトへアクセスしてもらっても、そこからコンバージョン(購入やお問い合わせといったアクション)へ結びつけるためのノウハウを持っていないことがほとんどです。

それらについてはほぼ素人レベルであり、そもそもあまり興味のないことがほとんどです。むしろ、Webが一般へも解放された2000年頃から自力でWeb活用に取り組んで来た企業のWeb担当者やECサイトの運営者の方のほうが圧倒的にノウハウを蓄積しています。

もっと言えば、あなたやあなたの会社の業種・業態への興味や、あなたはあなたの会社の商品やサービス、そして、あなたやあなたの会社の先にいる顧客のこと。これらにも興味を示しません。

あなたがWeb制作会社へサイト制作を依頼する際には、あなたやあなたの会社のことを親身に考えてくれて、集客やコンバージョンのための施策の立案や実践を(さらに、Webサイト制作費用にはそれらの費用も含まれていると)期待するでしょうが、それらはまず期待ハズレに終わることが多いのです。

ですから、Webサイトの制作を行う際にWeb制作会社へ依頼すると、あなたのWebへの投資は消費や浪費で終わってしまう可能性が高く、あなたはWebのビジネス活用による「成功体験」を得らません。もし、初めてのWebへの投資がそうした顛末を迎えたとすれば、あなたはWebへの投資を二度と検討しなくなるでしょう。それはとても残念なことです。そしてこれがWeb制作会社へ依頼しない理由です。

そこで、あなたへオススメするのが「自分で作る」という選択です。

ただ、Web制作会社を擁護しておくと(当方も制作会社の端くれですから)、もし、あなたが「Webサイトを作れば売れる(短期的に成果をあげられるものだ)」と、そして「Web制作会社にサイトを作らせたが何も成果があがらなかった」と考えている(いた)ならば、成果があがらなかった原因はWeb制作会社ではなく、あまりにも早く諦めてしまった(見切りをつけてしまった)あなたが原因かもしれません。

Webサイトを自分で作る理由

主だったものを挙げれば、自分でWebサイトを作成する理由、つまりメリットには以下のようなものがあるでしょう。

金銭的コストがかからない
必要なのはあなたの時間的コストのみ
売り方を知っている
自社の商品・サービスの特徴はもちろん、実社会においてそれらを販売するときに、顧客へどのようにアプローチすれば売れるかを良く知っている
何度でも試せる、何度でも失敗・修正ができる
「こうするとアクセスが増えるのでは?注文が増えるのでは?」といった施策を何度でも、スグに試せる。失敗しても、スグに軌道修正できる。自分でやるからコストがかからない
ノウハウを蓄積できる
成功と失敗を繰り返すことで、独自に(の)ノウハウを蓄積できる
成功体験がモチベーションを生む
自分で試行錯誤すれば得られる成功体験は強く、継続するモチベーションへとつながる

1つめに挙げた理由(メリット)「金銭的コストがかからない、必要なのはあなたの時間的コストのみ」は、逆にデメリットだとあなたは感じるかもしれません。「時間などかけられない」と。ただ、ここで考えてみてください。

  • 今、目の前に仕事はあるかもしれないが、1年後、3年後、5年後も同じように仕事があるのか?
  • 今、効率良く収益をあげられる方法が他にあるかもしれないが、1年後、3年後、5年後もそれで収益をあげられるのか?

中小企業・個人事業におけるWeb活用には、将来におけるリスク回避・リスク低減という意味があります。将来を見越し、Webを活用して直接取引の顧客を増やしたり、市場(地域)を拡げたり、新たな事業フィールドを開拓したりする。そのためには、中・長期的な視点から継続的に取り組む姿勢が最も重要であり、そのためのモチベーションを作るには成功体験が欠かせません。

そして、その成功体験を得るには、Webサイトの制作、集客やコンバージョンのための施策の立案や実践をWeb制作会社へ依頼するのではなく、実は自分でやるのが最も有効なのです。

まずは、自分で作る。そして、集客やコンバージョンのための施策の立案や実践を試行錯誤して自分でやってみる。もし、あなたが限界や行き詰まりに直面したとして、その原因がWebサイトの見栄えであるとすればWebデザインを得意とするWeb制作会社へデザインの改変を依頼する、集客に問題があるとすればそれを得意とするWebコンサルタントへ相談すれば良いのです。

自分でWebサイトを作成できる便利なサービス

しかし、本記事の読者の中には、「自分にはWebサイトを作るために必要なHTMLなどの知識がない」という方もいらっしゃるでしょう。そこで、専門的な知識がなくてもWebサイトを作成できるサービスを簡単にですが紹介しておきます。

いずれも、クリックやドラッグ&ドロップでコンテンツを作成したり編集したり、レイアウト(位置)を変更したりできます。また、コンテンツの作成・編集画面とそのできあがりの様子が同じ、というのもおすすめできるポイントです。

Wix(ウィックス)

wix
Wix

テンプレートのデザイン性が高く、かなり作り込まれているので文章など変えるだけで、それなりの(プロのデザイナーがデザインしたような)Webサイトを簡単に作れます。ただ、用意されているテンプレートは海外のWebサイトっぽいデザインが多いので、例えば製造業の企業サイトを作るといった場合には使いづらいです。また、いろいろと高機能であるが故に、高性能なパソコンでなければ動作が緩慢、うまく動作してくれないといったことがあります。スマートフォン向けの表示機能や上位プランではショッピングカート機能も利用できます。

Jimdo(ジンドゥー)

jimdo
Jimdo

Wixと比較すると、あらかじめ用意されているテンプレートのデザイン性は落ちます。ただ、たくさんのコンテンツを設ける場合はサイドバー(メニュー)の拡張性が高いJimdoが勝るでしょう。スマートフォン向けの表示機能、ショッピングカート機能(取り扱える商品数はプランごとに異なる)を全プランで利用できます。また、Wixと同様にもとは海外のサービスですが、Jimdoは日本国内の企業が代理店を務めていて、ユーザー同士の交流も盛んなことから、サポートを受けやすいのが特長です。

いずれも無料プランはありますが、Wixであれば「コンボ」以上、Jimdoであれば「Pro」以上のプランを選択しましょう。

bizyou-remake
bizYou ホームページリメイク

また、Jimdoにはあなたが作ったWebサイトのデザインを52,500円でリニューアルしてくれるサービスがあります。上述したように、あなたが限界や行き詰まりに直面したとして、その原因がWebサイトの見栄えであるとすれば、このサービスを利用すれば良いでしょう。

まとめ

本記事の読者の中には、「過去にWebへ投資してみたが失敗した。」という方がおられるかもしれません。もし、Web制作会社へ依頼してそうなったのであれば、一度「自分で」挑戦してみましょう。そして、試行錯誤してみてください。きっと「成功体験」を手に入れられるはずです。

Webのビジネス活用は、あなたやあなたの会社の将来への投資です。中・長期的視点が必要で、成果を出すには時間がかかります。ですから、一日でも早く始め、継続することが大切です。危機が目の前に迫ってからでは遅いですから。

この記事の著者