セミナー「今どきのWebデザイン5つのポイント」で講師を務めました

  • 最終更新日 :
  • 公開日 :
  • 投稿者 : 大月 茂樹

2014年7月3日(木)に、つくぼ商工会「吉備きびここまでやって委員会」さん主催で開催されたセミナー「今どきのWebデザイン5つのポイント」にて講師を務め、20名ほどの方にご参加いただきました。

セミナー「今どきのWebデザイン5つのポイント」での1コマ

スマートフォンやタブレットからのアクセスを踏まえたWebデザインは、もう「次世代のWebデザイン」ではありません。「今の当たり前のWebデザイン」です。

私のような制作業者のWebサイトよりも一般企業や事業主の方のWebサイトの方が、はるかにスマートフォンやタブレットからアクセスされています。平均で5割程度、業種・業態によっては8割はスマートフォンやタブレットからのアクセスだというWebサイトもあります。ただ、Webサイトのアクセス状況をあまり確認しておられないのか、一般の方はよく誤解されています。

ユーザーがストレスを感じてしまうWebデザインでは、ユーザーはスグに離脱しまいコンバージョンへ至りません。ユーザーがサイト内でストレスなく行動できるか、それを想像できなければ、SEOや検索連動広告にコストをかけて集客をがんばったところで成果に結びつかないのです。

「集客 ⇒ 行動 ⇒ コンバージョン」となるべきところが、「集客 ⇒ (ストレスを伴う)行動 ⇒ 離脱」となってしまうわけです。

Google Analyticsのメニュー。「集客 ⇒ 行動 ⇒ コンバージョン」の順に並んでいるのがわかります

今回は、今どきのWebデザインのトレンドもご紹介しつつ、マルチデバイス時代において「集客 ⇒ (ストレスを伴う)行動 ⇒ 離脱」とならないために押さえておきたいWebデザインのポイントをいくつかお話しました。

今回のセミナー「今どきのWebデザイン5つのポイント」で使用したスライドの表紙

参加いただいたみなさんにはアンケートに感想を記していただきました。

  • 「難しかったが、ためになった。実践したい」
  • 「今日の内容を自分のホームページへどう落とし込むか、今晩考えたい」
  • 「普段、ユーザーのことなど気にすることなく、何気なく作っていたことに気づきました」

久々に岡山での講演。つくぼ商工会「吉備きびここまでやって委員会」さんは、岡山県内で群を抜いてWeb活用への取り組みが活発なグループということで気合いを入れて臨みましたが、概ね好評だったようで何よりです。

今回参加してくださったみなさんと、またお会いできる機会があることを楽しみにしています。参加されたみなさんが、ひとつでも多くの気づきを得てくださっていれば幸いです。

もし、「こちらでもやってほしい!」といったようなご希望・ご要望がありましたら、「ご相談・お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

ご相談・お問い合わせ

この記事の著者