Webサイトのアクセス数アップ、平均2〜3倍、最大で約26倍にした施策

  • 最終更新日 :
  • 公開日 :
  • 投稿者 : 大月 茂樹

アクセス数アップのためのブログがWebサイト全体の品質を落とし、アクセス数の減少の原因となっていることがあります。ここでは、施策を実施した結果、1日あたりの平均アクセス数を2〜3倍、最大で約26倍にアップし改善に成功した例を紹介します。

アクセス数アップのためのブログが、アクセス数を下げている

Webサイトのアクセス数を平均2〜3倍、最大で約26倍にアップ

Webサイトのアクセス数アップのためには、Webサイトへ良質なコンテンツを追加し続けることが最も大切であるのは言うまでもありません。そこで、Webサイトの運営コスト(特にWeb制作会社への外注費)の削減や情報提供の即時性追求を目的として、昨今ではCMS(Contents Management System – コンテンツマネージメントシステム)が導入されるのが一般的です。CMSを導入すれば、社内で自由にWebサイトを更新できるようになります。

しかし、残念なことに良質なコンテンツではなくWebサイトを訪れるユーザーを無視した宣伝ばかりのコンテンツや日記のようなコンテンツなど、自己中心的なコンテンツ = 低質なコンテンツが追加し続けられているWebサイトがほとんどです。特に、ブログが低質なコンテンツの温床となる傾向が強いようです。

その結果、せっかくWebサイトを訪れた潜在顧客には悪い印象を与え直帰率は上がるばかり、コンバージョン率は落ちるばかり、検索エンジンからの評価は下がるばかりといった、何ら成果を生み出さないWebサイトになるのです。

ここでは、「アクセス数が減った、少ない。アクセス数を上げたいからSEOして欲しい。」という依頼を請けて施策を実施した結果、1日あたりの平均アクセス数を2〜3倍、最大で約26倍にアップし改善に成功した例を紹介します。

1日あたりの平均アクセス数を2〜3倍、最大で約26倍にアップした施策

ブログ投稿のうち同一トピックで書かれた投稿3つを選び出し、顧客目線に立ってそれらの内容を当方でリライトして1つの良質で濃い投稿へとまとめた
例えば、当サイトであれば「Webサイト」は集客のための重要なキーワードです。「Webサイト」について書かれたブログ投稿のうち、似たような内容の投稿がいくつかあれば、それらを1つのストーリーとなるようにリライトして1つにまとめます。

施策の内容は、至って簡単です。

ブログ投稿のうち同一トピックで書かれた投稿3つを選び出し、顧客目線に立ってそれらの内容を当方でリライトして1つの良質で濃い投稿へとまとめただけです。「ニコイチ」ならぬ「サンコイチ」をしたということです。

それに加えて、ブログ投稿のうち、ただ毎日ブログを書いているような体裁を整えるためだけに書かれたものや、そのWebサイトのテーマに全くそぐわない(キーワードが異なる、もっと言えば、日記のような)内容の投稿については、Googleウェブマスターツールを使ってインデックスを削除し、さらに、HTMLにnoindexの指示を加えました。

施策の内容は、本当にコレだけです。これだけで、施策を実施した約1ヶ月後には、施策実施前と比較して1日あたりの平均アクセス数が2〜3倍へアップしました。また、その投稿へはアクセスが集中する日が定期的に発生するようになり、中には施策実施前の平均アクセス数の約26倍ものアクセス数を記録した日もあります。

まとめてみます。

  • ブログ投稿のうち、アクセス数が稼げそうなトピック・キーワードで書かれたものを選び出し、顧客目線で濃い内容の1つの投稿へまとめる
  • そのWebサイトのテーマにそぐわない投稿は、検索エンジンのインデックスを削除する
  • それらが再度インデックスされないよう、noindexを指示する
施策を実施してから明らかにアクセス数がアップ
施策を実施した2013年2月中旬以降、アクセス数に明らかな変化が見られます。

これは、Google AnalyticsでそのWebサイトの「ユーザーサマリー」を表示させた様子です。Webサイト公開(2012年2月)から現在(2013年7月)までの約1年5ヶ月を期間指定しています。そのため少々見づらいですが、2013年2月中旬に施策を実施してから明らかにアクセス数がアップしていることを確認できるハズです。山が最も尖っているのが、約26倍のアクセス数を記録した日です。

小難しいテクニックなど、一切使っていません。がんばってブログを書いているのに、Webサイト公開時と比較するとアクセス数がどんどん減って来ている…ということでお悩みであれば、誰にでもできるこの施策を実践してみる価値はあるでしょう。

次ページでは、この施策の実施に際して調査したことや検討したことなどを少し詳しく解説します。

この記事の続きを読む

この記事の著者